So-net無料ブログ作成

小布施 岩松院 [霊地巡礼/神社仏閣]

曹洞宗 梅洞山 岩松院】長野県上高井郡小布施町雁田
 2007年11月初旬
buroguPB101883.jpg

栗の町、小布施の岩松院は、葛飾北斎晩年の大作「八方睨み鳳凰図」があることで知られ、また、小林一茶や福島正則ゆかりの古寺としても有名です。

仁王門
buroguPB101879.jpg

ぼくは、二十代半ばに初めてここを訪れて以来、この「八方睨み鳳凰図」が大好きになり、こっちへ来た時は必ず寄ることにしています。今回は、数年ぶりの訪問でとても楽しみにしていたんですけど、いつの間にか絵の拝観方法が変わっていてちょっとびっくりしました。

buroguPB101890.jpg

というのも、以前は、天井(21畳)に描かれたこの鳳凰図を畳の上でごろんと寝ながら観ることが出来たんですが、今は絵の保存のため椅子に座って観るようになっていたんです。広い畳に寝て観るのが気持ちよかったんで、ちょっと残念なんですけど。でも、これはしょうがないかなとも思います。

で、中に入ると丁度団体さんが居た為か?住職さんの「北斎は世界三大画家であり、天才であり、宇宙人である」という主旨の楽しい話を聞きながら観賞することができました。たしかに、北斎の絵は神業です。
http://www.gansho-in.or.jp/happounirami.htm(岩松院公式H.P)

拝観料は自動販売機で(300円)
buroguPB101889.jpg

ぼくの好きな画家の横尾忠則氏が、著書『導かれて、旅』の中で、この絵には土火水風空の自然の五大元素が隠されていることを指摘していて、絵の中心には「心」という文字まで隠されていることを記しています。もちろん、北斎ですから富士山もばっちりあります。その他、いろいろ隠されているみたいなんですけど、ぼくは、この本を読んでから行ったので「なるほど、北斎はまさに天才だ」と観る度に思うんです。本当に宇宙人かもしれません(笑)。

横尾さんが言う「北斎曼荼羅」の「八方睨み鳳凰図」、一見の価値ありだと思います。

buroguPB101888.jpg

このお寺には、もう一つ有名なものがあって、小林一茶が詠んだ「痩せ蛙まけるな一茶これにあり」の蛙合戦の池があるんです。毎年、決まった時期に産卵して戻っていくそうですが、面白いですよね。お寺の中には、カエルの置物のコレクション(奉納品?)やカエルのお土産なんかも売っていまして、ぼくも何個か持っています。よくある「無事カエル」みたいなやつです。けっこう、おちゃめなんですよー。

buroguPB101893.jpg

あと、もう一つ福島正則のお墓(霊廟)も、このお寺にあります。ぼくは、福島正則についてはいまいち興味がなくて人物像とかはくわしくはないんですが、川中島あたりが最後の知行地でしたから、ここに埋葬されたのかもしれませんね。また、禅の信者だったらしいので。

buroguPB101896.jpg

11月初旬の岩松院は、ちょうど紅葉が見ごろで綺麗でした。また、そのうち訪ねてみたいと思います。

りんご購入中
buroguPB101897.jpg


※この記事は過去の旅行記です(記:2009/10/14)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奇妙滝 [滝]

【奇妙滝】
 2007年11月上旬

buroguPB101847.jpg

 長野県須坂市米子  落差:60m 分類:分岐瀑


奇妙滝は、米子大瀑布の展望台から300mほど離れた場所に落ちている滝で、落差は60mと意外に大きく、見上げるとまるで天から降ってくるような感覚になります。

奇妙滝へ至る林道
buroguPB101824.jpg

展望台から林道を約10分くらい歩くと、カーブした橋の所に奇妙滝の入口があります。

buroguPB101831.jpg

ここから少し登るとすぐに滝が見え始め、5分前後で滝下へ至ることが出来ます。

buroguPB101833.jpg

奇妙滝は、米子大瀑布に負けず劣らぬ大きな滝なんですが、何せあの雄大な景色を見たばかりなので、どうしても影薄になってしまうのが残念です。

まるで天から降ってくるように見える
buroguPB101845.jpg

でも、上部で二股に分かれてるのが面白いし、天から降ってくる感じは個人的にけっこう好きです。ただ、場所的にはジメジメ感があってそれほど好きじゃないんですけど。

buroguPB101851.jpg

それより、ここにはもっと面白いものがあるんです。

buroguPB101853.jpg

奇妙滝の方から流れる沢は、赤茶けた毒々しい色をしているんですけど、すぐ隣を流れる沢は青色をしていて、何と、この2つがここで合流してるんです。

buroguPB101842.jpg

あまり見ない光景だったので、ちょっと驚きましたが、自然の為せる業に感心しちゃいました。米子大瀑布もそうですが、男女などの陰陽を連想してしまいます。

合流する流れ
buroguPB101862.jpg

色の違いわかりますかね??
buroguPB101863.jpg

青い方の沢にも滝がある気がしたんですけど、嫁さんをかなり待たせていたので確かめるのはやめました。米子大瀑布でも凍えさせてしまったし(汗)。

滝もありそうな青い方の沢
buroguPB101857.jpg

buroguPB101840.jpg

というわけで、大変良いものを見させて頂き、来た道を戻ることにしました。ところで、やはり赤い方は酸性で青い方はアルカリ性ですかね?

buroguPB101828.jpg

帰りは、展望台から駐車場へ至る急な階段を下りて戻りました。ここで、昔やった膝痛が再発してしまい、足を引きずりながらやっとのことで車に到着。いやいや参りました。1台もいなかったはずの駐車場には、いつの間にかたくさんの車が止まっていて、ここの人気の高さを実感しました。

路面が落葉で茶色になっていた
buroguR0010311.jpg

行き方等は、米子大瀑布の記事を参考にして下さい。


※この記事は過去の旅行記です(記:2009/10/12)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

米子大瀑布 [滝]

【米子大瀑布】日本の滝100選

2007年11月上旬

buroguPB101739.jpg

 長野県須坂市米子
 落差:不動滝85m(右) 権現滝75m(左)
 分類:直瀑

初めてここを訪れたのは十数年前の夏。それ以来、この滝をえらく気に入ってしまい何度も両親や友人を連れて足を運んでいます。外輪山の絶壁から2本の大瀑が落ちる様は、まさに日本離れしたスケールであり、最近は名前も知られて紅葉の名所として多くの観光客で賑わうようです。

まだ薄暗い駐車場
buroguR0010238.jpg

さて、紅葉シーズンも終わる11月上旬に、ひさびさ米子大瀑布を訪れてみることにしました。突然思い立ったので、寝ずにそのまま高速を走りAM4時過ぎには広い駐車場に到着。誰もいなくて1番乗りです。

buroguR0010242.jpg

明るくなるまで少し仮眠してから、AM6時過ぎに駐車場を出発。滝までは軽いハイキングなんですが、米子不動尊奥の院に至る最後の階段がいつの間にか緩い角度になり歩きやすくなっていました。ここは、来る度にどこかしら整備されています。

不動滝
buroguPB101665.jpg

階段を上りきると、いつ来ても閉鎖されている滝山館(営業はしているようです)と米子不動尊奥の院があり、まずは手を合わせてから、すぐ近くの不動滝へ。ちなみに、ここのお不動さんは「日本三大不動尊」だそうで、今でも修験者が滝に打たれたりするそうですよ。写真はないんですが。

声をかけると追ってくる
buroguPB101648.jpg

不動滝は、落差85mで「さーっ」と霧状に落ちる女性的な滝です。
永瀬嘉平氏の『かくれ滝を旅する』に、この滝に声をかけて呼ぶと水神が雨のごとく霧を降らす「迎え滝」と「送り滝」の伝承が紹介されていていて、ぼくも来た時は毎回「おーい」と声をかけるんですが、なぜか不思議と滝が自分を追ってきて危うく水浴びしそうになるんです。たぶん、風に煽られて滝身がくの字に曲がったりするからなんでしょうけどね。ちなみに、以前はその伝承を記した看板が滝下にあったんですけど撤去されていました。

buroguPB101668.jpg

次に、来た道を戻り権現滝へ。不動滝とはそれほど離れていなく、滝山館の奥の狭い展望所から眺めることが出来ます。

権現滝
buroguPB101680.jpg

こちらは、落差75mで「ずどーん」と豪快に落ちる男性的な滝です。お隣の不動滝とは対照的ですが、滝壺まで至る道はなく遠望のみになります。また、水質が酸性みたいで赤い川となって流れていくのがわかります。ちなみに、不動滝の方はアルカリ性と聞きましたが、もしそうだったら面白いですよね。

buroguPB101685.jpg

さて、次に双方の滝がよく見えるビューポイントへ移動することにしました。対岸に渡り、高台を登ると・・日本離れした風景が見えてきます。

buroguPB101707.jpg

いやいや、絶景とはこのことで、何度見ても素晴らしい眺めです。紅葉が終わってなければ、もっと綺麗だったでしょうに。そういえば、最近は紅葉シーズンの週末にマイカー規制を行っているようです。ぼくらは、たまたま規制解除された日に行ったんですが、次の週からは道路工事のため全面通行止めになるらしく1週遅れていたらアウトでした。なので、この時期は事前に調べておくことをお勧めします(須坂市のH.Pで)。

双方合わせて米子大瀑布
buroguPB101726.jpg

で、ここらは昭和40年頃まで米子鉱山として栄えた場所で、何と、こんな山奥に1200人以上もの人が暮らしていたそうです。そして、小学校や映画館、テニスコートまであったというから驚きです。また、古くは『続日本紀』にも米子鉱山の記述があるんだとか。今では観光地ですが、いろいろと歴史があるもんですね。

画像左:黒滝(どのシミ?) 画像右:大黒滝(だと思う)
buroguPB101811.jpg buroguPB101733.jpg
不動滝の右側には、黒滝というシミのような滝もあります。水量が多い時期はいいんでしょうけど、、ほんと黒いシミでした。また、権現滝のずっと左手には大黒滝という、やはり絶壁を落ちる滝があったらしいのですが、松代地震で崩壊してしまい今は段状になっているみたいです。ちなみに、昔はこの滝を入れて3つで米子大瀑布だったとか。ただし、直接調べたわけではないのであしからず。

展望所にて
buroguPB101871.jpg

次に、高台から林道を通って奇妙滝へ向かいました。ちょっとだけ離れていますが、こちらも負けず劣らず良い滝なんです。その前に、展望台で記念撮影。ここからの眺めも最高です。少々、雨が降ってきましたが。。

奇妙滝へ続く・・

クリックすると大きくなります
buroguR0010239.jpg buroguPB101632.jpg

※この記事は過去の旅行記になります(記:2009/10/12)
米子大瀑布までは、国道406号線の仁礼町の信号あたりから入り、案内板に沿って片道40分の狭い道を走ることになる。昔はダートもあったが、今は全舗装されている。終点の駐車場は広く(トイレあり)70台は止められるようだ。ただ、紅葉シーズンの週末・祭日はマイカー規制があり、タクシーやシャトルバスでの観光となるので事前に調べたようが良い。駐車場から滝までは20〜30分の軽いハイキングで、不動尊手前でジグザグの階段があるものの、よく整備された遊歩道なので誰でも問題なく行ける。ただし、スニーカーくらいは履いてないと大変かもしれない。対岸に渡り、2本の滝を眺める高台は絶景ポイントなので特にお勧め。また、さらに上った展望所も見晴らしがいい。ここの近くに駐車場までの階段があるが、急で長いので足に自信がない人は注意。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。