So-net無料ブログ作成

塩原 咆哮霹靂の滝 [滝]

【咆哮霹靂の滝】2010年5月上旬

buroguP5049393.jpg

栃木県那須塩原市塩原
落差:10〜15m
分類:分岐瀑

咆哮霹靂の滝(ほうこうへきれきのたき)は、咆哮の滝と霹靂の滝の総称で、左右にわかれて同じ場所に落ちています。

buroguP5049384.jpg

さて、雷霆の滝から約10分ほど下っていくと咆哮霹靂の滝が右手に見えてきました。こちらも雷霆の滝に負けず劣らず凄い名前が付いていまして、咆哮とは猛獣が吠えること、霹靂は落雷のことらしいのですが、この日は水量が少ない為か完全に名前負けしています。

咆哮の滝
buroguP5049385.jpg

近くまで行ってみると、咆哮の滝は本当に水量が少なくてチョロチョロという感じ。

滝壺
buroguP5049398.jpg

何となく面白くないので、すぐさまお隣の霹靂の滝へ行ってみると、こちらは幾分水量もあって滝らしい音を響かせていました。落雷には、ほど遠いですが。

霹靂の滝
buroguP5049388.jpg

もっと近くまで行ける気がしましたが、やる気のない?嫁さんが遊歩道の岩に座り込んでいたので、数枚ほど写真を撮ってから早々引き上げることに。どうやら、ぼくもやる気がイマイチだったようです。

buroguP5049396.jpg

ということで、ここで引き返し駐車場へ戻ることにしました。ちょっと来る時期が早かったなぁと思いつつ、久々に滝を見れて満足は満足。ちなみに往復2時間半くらいだったと思います。

buroguRIMG0787.jpg

あと、駐車場に案内図があったので下に載せておきます。滝がメインなら、スッカン沢から入って前山八方ヶ原線歩道に出るのが良いと思います。今度は、塩の湯や元湯あたりでゆっくり温泉につかっていきたいですね〜。

buroguP5049408.jpg

buroguP5049410.jpg buroguP5049409.jpg
帰りに寄った「仙人坊」という蕎麦屋さん、とても美味しかったです。あと、コンビニで栃木名物?レモン牛乳を買って飲んでみました。う〜ん、小さいサイズを買ってよかったなという感じ。

天ぷら蕎麦頼みました(十割蕎麦)
buroguRIMG0788.jpg

レモン牛乳は小さい頃から飲んでればOKかも?
buroguRIMG0789.jpg buroguRIMG0791.jpg
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

塩原 雷霆の滝 [滝]

【雷霆の滝】2010年5月上旬

buroguP5049347.jpg

栃木県那須塩原市塩原
落差:15〜20m
分類:分岐瀑

さて、スッカン沢にお別れし、鹿股川沿いの前山八方ヶ原線歩道に出たぼくらは、まずは雷霆の滝(らいていのたき)から見に行くことにしました。

見づらいが雷霆の滝への表示
buroguP5049335.jpg

たいした登りもなく、雷霆の吊橋を越えて少しばかり歩くと正面に滝が落ちているのが見えてきました。

雷霆の吊橋
buroguP5049336.jpg

雷霆の滝は、落差15m〜20mくらいでそれほど落差はないんですが、その名前と面白い形から滝好きには知名度が高いようです。確かに、名前だけで見てみたい気になりまする。ちなみに雷霆とは激しい雷のことだそう。

滝が見えてきた!
buroguP5049338.jpg

着いてみると誰も居なかったので、とりあえず先に写真でも撮るか〜とカメラを用意。ただ、時期が早かったのか水量が少なくて雷霆という感じではなく、緑も少ないし来るのがちょっと早かったかも。

分岐した形が面白い
buroguP5049353.jpg

それでも、横に広がった落ち口から手前の岩に注がれて急激に分岐する形は中々ないし、自宅から数時間かけて来た甲斐がありました。日よけ出来る所がなくて暑かったですけどね。。

buroguP5049366.jpg

buroguP5049378.jpg

咆哮霹靂の滝に続く・・
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

塩原 かつらの木とスッカン沢 [自然]

【かつらの木とスッカン沢】

さて、竜化の滝を後にして雷霆の滝(らいていのたき)と咆哮霹靂の滝(ほうこうへきれきのたき)を見に行くことにしました。何だか凄そうな名前でふりがなが無いと読めませんが、いずれも塩原10名瀑に数えられている滝だそうです。

遊歩道入口
buroguP5049279.jpg

国道400号線の「福渡」という信号を左折して塩原温泉ビジターセンターを過ぎ、ウネウネしている県道56号線をしばらく走ること30分、「雄飛の滝遊歩道」の駐車場が見えてきました。20台くらいは停められそうです。ここから遊歩道に入り、スッカン沢沿いを降りて行きます。思っていたより広い道だったのでとても快適です(一部崩落ヶ所あり)。

素連の滝の標識 滝はよくわからないので画像無し
buroguP5049281.jpg

なだらかな坂をしばらく歩いて行くと、素連の滝と書かれた標識が立っていました。対岸に目をやると幾筋にも分かれて壁を滑り落ちている水の流れが見えます。ただ、残念ながら木々に遮られて全景がよく見えません。たぶん、100〜150mくらいの幅があるんじゃないかと思います。ただし、壁のいたる所から水が落ちているので、どっからどこまでが素連の滝なのかがわからないこともあり、幅に関しては憶測です(汗)。落差もあるんですけどね。

仁三郎の滝
buroguP5049287.jpg

次に現れたのは仁三郎の滝で、落差10m前後ですが滝壺の色が青くてとても綺麗です。また、ここらは渓谷に注ぐ無数の小滝がよく見える所でもあります(いつも見られるのかは不明)。

小さな滝が渓谷に注いでいる
buroguP5049286.jpg

仁三郎の滝から少しばかり歩くと、雄飛の滝の展望台が見えてきました。ただ、またも木々に阻まれ滝の姿はよくわからず…。道の名前が雄飛の滝遊歩道というくらいだからそれなりに期待していたんですけどね。ちなみに、帰ってから調べてみたら落差こそないものの確かにスッカン沢を代表する神秘的な滝のようです。興味ある方はググってみて下さい。

雄飛の滝展望台
buroguP5049293.jpg

展望台を過ぎ、沢に架かった木道の橋の向こうに目をやると、巨大なかつらの木が目に飛び込んできました。おぉ、これがいつだか写真で見たかつらの木!正直言うと、見るまでここにあることをすっかり忘れていましたが…。

かつらの巨木
buroguP5049304.jpg

面白いことに、保護の為か観賞の為か階段の木道がぐるりと木を1周していまして間近で眺められるようになっています。何だか、滝を見にきたのにここがメインになってしまったような感じ。そのくらい感激致しました。

buroguP5049310.jpg


buroguP5049313.jpg


橋とかつらの木
buroguP5049319.jpg


すぐ側には霧状に落ちる滝も
buroguP5049404.jpg

かつらの巨木を過ぎるとすぐに、柱状節理の「なぎなた岩」を見ることが出来ます。そのお隣にはイボイボした形の岩もあって中々面白い場所です。霧状の滝も落ちています。

なぎなた岩
buroguP5049327.jpg

この岩を見ながら高巻いて行く
buroguP5049323.jpg

さて、ここから少し登って次の目的地である雷霆の滝を目指しました。途中、遊歩道から逸れた所に気になる岩があったので画像を貼っておきます。岩のてっぺんから螺旋状の木が生えていたんですよね。不思議。

buroguP5049333.jpg

雷霆の滝に続く・・
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

塩原 竜化の滝 [滝]

【竜化の滝】2010年5月上旬

buroguP5049246.jpg

栃木県那須塩原市塩原
落差:60m
分類:段瀑

せっかくのG.Wだし、1日くらいどこかに出かけようよということで栃木県の塩原へ行ってきました。塩原というと温泉のイメージがありますが、ここは滝の宝庫でもあり、塩原10名瀑をはじめ無数の滝が音を立てて落ちています。

国道400号線の両側に無料駐車場があった
buroguP5049278.jpg

で、渋滞を覚悟して家を出たものの、あっけなく2時間半程度で塩原市に到着し、まずは一度見てみたかった竜化の滝へ寄ることにしました。

風挙の滝
buroguP5049267.jpg

滝入口から歩くこと約10分、風挙の滝が見えてきました。落差は10m前後でしょうか?なかなか形の良い滝です。下段から勢い良く水が落ちているのが遊歩道沿いから見えます。

竜化の滝
buroguP5049245.jpg

ここからさらに200mほど登っていくと、全長130m、落差60mの竜化の滝が姿を現しました。3段に分かれて落ちていて、折れ曲がった形が個性的です。落差も水量も申し分ないし、とても絵になる滝です。

buroguP5049251.jpg

また、奥行きも結構あるんですけど、うちのカメラじゃイマイチよくわからないかも。。ちなみに、トーチカのようなコンクリート製の観瀑台から眺めます。

トーチカ観瀑台にて
buroguP5049259.jpg

来るまでは、苔むした岩に囲まれた隠れ滝というイメージを持っていましたが、午前中で天気が良かったからか?カラッとした明るい滝の印象になってしまいました。この滝は、もう少し緑が多くて曇り空くらいが丁度良いのかもしれません。

左:滝の説明書き 右:駐車場付近のコースマップ(クリックで拡大)
buroguP5049263.jpg buroguP5049277.jpg
ところで、いくつかある滝の説明書きには落差60mだったり40mだったりするんですけど、正解は何メートルなんでしょ?いずれにしろ、水量もあるし見ごたえのある滝ではありますが気になるところです。

布滝
buroguP5049273.jpg

滝入口付近の高台からは布滝という小さな滝を眺められます。川の本流にかかっているので迫力はありそうなんですけど、ここからだと遠望になるので滝というより川の段差という感じ。

クリックで拡大
buroguP5049269.jpg buroguP5049275.jpg
あと補足ですが、無料駐車場から滝入口までは10分前後歩くことになります。ですので、駐車場から歩くと竜化の滝まで20〜25分程度の時間が必要。国道沿いも歩けますが、交通量があって危ないので高巻きしている遊歩道がお勧めです。無論、観光滝ですので家族連れでも大丈夫。ただ、ヒールだと少々歩きづらいと思います。ちなみに駐車場にはトイレがありますが途中にはありません。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。