So-net無料ブログ作成

棚下不動の滝 [滝]

【棚下不動の滝】日本の滝100選
 2011年2月下旬訪問
buroguP2270571.jpg

 群馬県渋川市赤城町棚下
 落差:雄滝・・37m(直瀑?)
    雌滝・・40m(直瀑?)
※双方合わせて「棚下不動の滝」とのこと

※追記:現在、3.11地震の影響で通行止めになっているようです。かなり危険な状態と思われます。http://shibukawa.plablo.jp/sakura/2011/04/棚下不動の滝は立入禁止になっています.html

赤城温泉郷を後にして、まだ時間があるしもう少し観光して帰ろうか?ということになり、同じ赤城山の西側に落ちる「棚下不動の滝」を見物することにしました。

滝入口と説明文(クリックで拡大)
buroguP2270552.jpg buroguP2270679.jpg
ここへは今回で2度目になります。前回は、スムーズに行けたのですが・・今回は適当に走り過ぎたのか迷いに迷ってしまいました。結局、農作業をしていたおじいさんに行き方を聞いてやっとの思いで到着。やっぱ、カーナビ付けなきゃだめか?

不動堂前にはトイレと休憩所/近代的な不動堂 背後に滝が落ちているのが見える
buroguP2270658.jpg buroguP2270656.jpg
で、早くしないと日が暮れちゃうよ〜ということで、急ぎ舗装された坂道を登り、約5分ほどで棚下不動堂に到着。あれ、こんな近代的なお堂だったかな?(←忘れているだけ)とりあえず、急いでいても手を合わせるのがお約束なので「無事戻れますように」と。

約200段の長い階段 途中こんな空洞があった(なんだろこれ?
  buroguP2270555.jpg buroguP2270557.jpg
滝へは、左手にある階段を登ります。ただ、思わず「うわぁ・・」と声が出てしまうくらい長〜い階段なのが難点です(200段近くあるらしい)。とはいえ、登らないと滝へ行けないので嫁さんと二人でぼやきつつ、えっちらえっちら登って行くと・・正面に棚下不動の滝(雄滝)が見えてきました。さーっと静かに落ちています。

正面から
buroguP2270604.jpg

この滝は、見ての通り裏側から眺められる「裏見の滝」になっていまして、崩落によって出来たという空洞は、かなり広いスペースがあります。

奥院
buroguP2270619.jpg

また、ここには不動堂の奥院もあって、岩壁に不動明王が祀られています。いかにも信仰の場という感じで、今でも滝行が行われているようです。

buroguP2270628.jpg

あと、360°色んな角度から眺められるというのもポイントが高いです。そんなわけで、日も暮れ始めたというのに、ついつい長居をしてしまいました。嫁さんは飽きてしまって携帯いじってましたが。。

真裏から
buroguP2270620.jpg

その他(クリックで拡大)
buroguP2270560.jpg buroguP2270599.jpg buroguP2270616.jpg
その他(クリックで拡大)
buroguP2270618.jpg buroguP2270651.jpg buroguP2270657.jpg
ちなみに、もう一つの雌滝は途中の坂から良く見えます。時期的なものなのか、水量が少なくちょろちょろな感じでした(以前も同じだったけれど)。ちょうど、駐車場の背後の崖に落ちています。雌滝へ至る道は無いようなので、チャレンジャー以外はやめておいたほうが良さそうです。ぼくはもちろん面倒なので行きませんでした。

雌滝
buroguP2270664.jpg

坂の途中から(祠から眺める川の流れが綺麗)
  buroguP2270662.jpg buroguP2270663.jpg
行き方は、国道17号から橋(名称不明)を渡って棚下方面(右折)へ向かうのがわかりやすいが、説明しづらいので下の地図を参考にするとよい。駐車場あり(15台ほど)。滝へは約10〜15分程度。トイレは棚下不動堂前にある。不動堂から滝へ至る階段が長いので注意。※追記:現在、3.11地震の影響で通行止めになっているようです。かなり危険な状態と思われます。http://shibukawa.plablo.jp/sakura/2011/04/棚下不動の滝は立入禁止になっています.html


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

赤城温泉郷 滝沢温泉 滝沢館 [温泉]

【滝沢温泉 滝沢館】(群馬県前橋市粕川町室沢滝沢241)
 2011年2月下旬 日帰り入浴

buroguRIMG1140.jpg

不動大滝を後にし、林道途中にある一軒宿「滝沢温泉 滝沢館」さんで日帰り入浴することにしました。

館内の様子
buroguRIMG1138.jpg buroguRIMG1136.jpg
ここは、日本秘湯を守る会の宿でもあって、前々から湯に漬かってみたいと思っていたんです。

内湯
buroguRIMG1129.jpg

さっそくフロントで入浴料600円(だったと思う)を支払い、宿の方から「少し薄めてあります」と説明のあった内湯から入ることに。小さめの湯槽でしたが、ハイキングの汗を流してから楽しみにしていた露天風呂へ。

開放的な露天風呂
buroguRIMG1130.jpg

露天風呂へは、一旦服に着替え、ロビーから外に出て階段を降りて行きます。いざ、中?に入ってみると想像以上に開放的で、誰も居ないし気分はもう最高。お湯は青みがかった色をしていて、天候気温、時間経過によって色が変化するのだそう。

源泉かけ流しの水風呂
buroguRIMG1133.jpg

ここは冷鉱泉ということで源泉温度が24.5度と低いため循環加熱しているようですが、すぐ隣にある壷風呂は源泉かけ流しで入ることが出来ます(男湯のみのようです)。この季節なので、24.5度はちょっと躊躇しましたが、最初だけ我慢してたら意外とすぐに慣れてきちゃって、ぼくはわりかし平気でした。後から入ってきた人に勧めてみたら同じこと言ってました。

クリックで拡大可
buroguRIMG1132.jpg

ちなみに、ここの温泉は、カルシウム・ナトリウム・マグネシウム・炭酸水素塩冷鉱泉だそうです。飲んでみたら金気っぽく甘い感じがしました。決して美味しいとはいえないけれど。

お約束の灯籠
buroguRIMG1139.jpg

ここは山の中なので周りには何もないですが、次は1泊でもして川のせせらぎの中ゆっくりたら癒されるだろうな〜と思う露天風呂でした。

くわしくは滝沢館さんのH.Pを→http://www.takizawakan.com/
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

不動大滝(滝沢の不動滝) [滝]

【不動大滝】2011年2月下旬
buroguP2270521-1.jpg

 群馬県前橋市粕川町中之沢
 落差:50m(案内板には約32mと標記あり)
 分類:直瀑

滝沢温泉を過ぎ、林道をしばらく走ると右手に「前不動駐車場」が出現。さっそく車を止めて準備をしていると、1人のおじいさんが「ここに来るのは何度目?」と声をかけてきて成り行きで一緒に行くことに。ということで、今回は3人で不動大滝まで行くことになりました。ちなみに、ぼくは初めての訪問です。

広い駐車場とスタート地点
buroguP2270550.jpg buroguP2270547.jpg
このおじいさん、桐生市で縫い物をしている職人さんで、休日になると県内近郊の沢や滝を巡っているのだそう。特に赤城山の沢で知らない所はないという強者。しかも、どこへ行くのもスーパーカブというから驚きです。

 buroguP2270549.jpg    buroguP2270548.jpg
  ↑クリックすると拡大します

そんな話を聞きながら、しばらく遊歩道を歩いていると、「瀧み所」という開けた所に出たので小休憩をすることに。ここから不動大滝を遠望することが出来ます。

分岐を右に下る/遊歩道沿いにある延命猿水という湧き水
buroguP2270546.jpg buroguP2270544.jpg
ここには氷瀑を見たくて来たのですが、遠い所に落ちるお目当ての滝は全く凍っている様子がなく1人で苦笑い。最近、暖かい日が続いていたし「やっぱり?」という感じだったけれどちょっぴり残念です。おじいさんによると、ここ数年温暖化のせいか知らんが完全凍結しないとのこと。それにしても、見事に凍っていないのが遠くからでもよくわかりますzzz。

瀧み所から不動大滝を遠望(クリックで拡大)
buroguP2270478.jpg buroguP2270480.jpg
遠望ついでに、なぜか置いてある忠治のパネルから顔を出して写真を撮りたいと思いましたが、3人なので自粛しておきました。

小さな氷瀑があった
buroguP2270483.jpg

スタートしてから20分ほど歩くと、滝沢不動尊に出ました。ということは、今まで遊歩道じゃなくて参道を歩いていたわけですな。ここらに来ると、凍結している所もあったりして少し慎重に歩を進めました。

門?をくぐる
buroguP2270487.jpg

境内に入って、とりあえずいつものように無事戻れるようご挨拶。面白いことに、ここのお堂は窪んだ岩の中にすっぽりと入っていまして、一帯は霊場という雰囲気です。

滝沢不動尊
buroguP2270488.jpg

由緒書きを少しだけ読んでみたら、上杉謙信との関わりもあるとのことでした。くわしくは下の画像をクリック願います。

入口の門と由緒
buroguP2270486.jpg buroguP2270490.jpg
さて、不動尊から少し下っていくとルート案内の看板があったのですが、どうやら滝までは2つの道があるようです。

どっちからでも行けるらしい
buroguP2270540.jpg buroguP2270541.jpg
ぼくらは右ルートを選択したのですが、ここらに来ると壁面が凍っている所もあったりして、ちょっとワクワク感が出てきました。とはいえ、いつも来ているおじいさんは全然凍ってないなぁ〜とおっしゃっていましたが。

buroguP2270492.jpg

おじいさんの後をくっ付いて歩いていると「忠治の岩窟」という所がありました。階段を下りて行くと、照明が故障しているのかボタンを押しても真っ暗闇のまま。でも、かなり広いスペースがあるのが何となくわかりました。

buroguP2270499.jpg buroguP2270498.jpg
階段を下りると洞窟
buroguP2270497.jpg

以前は、忠治の人形が置いてあったらしいんですが、今は撤去?されたようで見当たりませんでした。ま、暗闇に人形なんてあったらおっかないですけど。

凍った沢や氷柱
   buroguP2270502.jpg buroguP2270501.jpg
またしばらく、てくてくおじいさんの後を付いて行くと、正面に不動大滝の勇姿が目に飛び込んできました。この時期にしては水量はあるようです。

けっこうでかい
buroguP2270534.jpg

ご覧の通り全く凍っていないのですが、落差50mの迫力を目の当たりにして一応満足。周辺の岩壁も見事で、このスケールで全部が氷壁だったら凄いだろうな〜と想像しながら滝をカメラに収めていきました。

buroguP2270509-1.jpg

いつの間にか対岸に渡ったおじいさんが、正面に立つと虹が見えるよと教えてくれたので、川を飛び越えて見に行ってみたら綺麗な虹が2本出ていました。

2本の虹
buroguP2270524-1.jpg

滝前とお不動さん
buroguP2270527.jpg buroguP2270528.jpg
落ち口を眺めると、跳ね滝みたくなっていてチャームポイントを発見した気分。この時期だけなのかな?

落ち口
buroguP2270514-1.jpg

さて、あまり長居も出来ないのでそろそろ上がりますか〜ということで来た道を戻ることに。

「この不動大滝は赤城山中で最も大きな滝なのじゃ!」(嫁撮影)
buroguRIMG1123.jpg

帰り、渡し板がシーソーみたいになっていて一苦労(でもないけど)。行きにも通ったと思われるが全く記憶になく「??」って感じ。

慎重な嫁さま
buroguP2270537.jpg

それにしても、おじいさんには大変お世話になってしまいました。まるでガイドさんみたく色々と教えて頂き、とても感謝です。お名前も聞いていませんが、この場を借りてお礼を言わせて頂きます。ありがとうございました。って、たぶん見てないと思うけど…また来年チャレンジします(笑)。あ、緑の季節も良さそうですね。

不動大滝へは、県道16号を北上し滝沢温泉入口を右折。滝沢温泉を過ぎ、しばらく走ると分岐があり、そこを左折。すると大きな駐車場が右手にある。人気コースなので週末は早めに訪れた方が良さそうだ。滝へは、沢沿いの遊歩道を歩くことになるので、足下はしっかりしたものを履いた方が無難。



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

赤城温泉郷 旅籠 忠治館 [温泉]

【旅籠 忠治館】(群馬県前橋市苗ヶ島町203)
 2011年2月下旬
buroguRIMG1103.jpg

温泉旅行を企画したものの、急に思い立ったのでなかなか条件に合った宿がみつからず、赤城はどうかなとネット検索したところ忠治館さんが空いていたのでそのまま予約。失礼ながら、前々からお隣の「滝沢温泉 滝沢館」さんに宿泊してみたいと思っていたので希望の宿というわけでは無かったんですが、忠治館さんも雰囲気が良さそうだしまぁいいかということで。

フロント
buroguRIMG1114.jpg

赤城神社に参拝後、早々と4時台にチェックイン。だいたい、ぼくは旅行に行くと夕方までフル観光しているので4時台のチェックインは早い方なのです。

玄関の土間
buroguRIMG1115.jpg

忠治館さんは、江戸時代の農家をイメージしているみたいで、館内に入ると土間が広がり昔の民具なども置かれていて、たしかに和な雰囲気がぷんぷん漂ってきます。

客間へ至る長い廊下(客間方面から)
buroguP2260464.jpg

感じの良いおかみさんに案内され、広い庭が眺められる長い廊下を歩いて行くと、ちょっと太めのネコちゃんが日向ぼっこしていました。眠そうでしたが愛嬌があって可愛い〜。

のび〜
buroguP2260454.jpg

きりっ
buroguP2260463.jpg

客間がある廊下は天井が高く、ちょっと暗めの照明で落ち着いた雰囲気。各部屋には国定忠次の子分の名前が付いています(国定忠次とは、江戸時代後期の侠客)。

黒光りする客間の廊下
buroguP2260450.jpg

部屋に通されると、これまた時代劇に出てくるような造りになっていて凝っているなぁ〜という印象。ぼくらは山側の部屋でしたが、窓から竹林が見えて雰囲気も良いです。夜は、竹林がライトアップされていました。

部屋の様子
buroguP2260444.jpg

ちょっと部屋で休憩し、とりあえず夕食前にお風呂だろってことで、まずは露天風呂へ。

露天風呂(男)
buroguRIMG1104.jpg

露天風呂は、とても開放感があって気持ちがいいです。当日は、宿泊客が少ない為かあまりバティングすることもなく貸し切り状態で入れました。静かにのんびり1人で広い湯槽に漬かるのは気分がいいもんです。夜は、オリオン座などが見え星が綺麗でした。ちなみに谷の方を覗くと小さい滝が見えます。ライトアップもされていました。

庭の様子
buroguRIMG1110.jpg

ここのお湯は、わずかに黄色がかった無味無臭で特徴のない印象。宿にあった温泉分析書を見ると赤城温泉の「新島の湯」が源泉と記載されていて、同じ源泉を利用している宿は茶色のお湯みたいですからかけ流しではないと思われます。温泉にこだわりがある人にはイマイチかな?

内風呂(男)の様子
buroguRIMG1108.jpg

お風呂でゆっくりした後は、おまちかねの夕食です。廊下に響く太鼓の音が、ごはんだよーの合図です。ちなみに、ここはスリッパが無い宿なので素足か用意されている足袋を履いて食事処へ向かいます。

左:朝食 右:夕食
写真.JPG 写真2.JPG
携帯で撮った荒い画像しかありませんが…薬膳鍋がとっても美味しかったですよ〜。野菜を入れた後、もち豚はしゃぶしゃぶで。朝食も美味しかったです。朝からご飯おかわりしちゃいました。

buroguRIMG1118.jpg

次の日、起きてみたら快晴でした。今日はこの後、滝沢の不動大滝までハイキングです。氷瀑が見たくて来たけれど、最近暖かいから凍ってないだろーなーっと…。それにしても、忠治館さんは雰囲気がばつぐんの宿でした。素朴で和モダンな空間が日常を忘れさせてくれ、のんびり過ごすことができました。

アクセスは忠治館さんのH.Pからどうぞ。
http://www.chujikan.com/access.html
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

赤城神社(三夜沢) [霊地巡礼/神社仏閣]

【赤城神社】(三夜沢)
 2011年2月下旬参拝
buroguRIMG1080.jpg

鎮座地:群馬県前橋市三夜沢町114
御祭神:大己貴命・豊城入彦命

遠くもなく近くもなく、それで温泉があって滝があって行ったことのない場所・・それは赤城山の南側だなということで、前日に急きょ宿をとり嫁さんと1泊旅行をしてきました。

で、宿に向かう途中に赤城神社(三夜沢)があったので立ち寄って参拝することに。正直、赤城神社については何も知らなくて、着いてみたらわりと大きな神社で期待度アップ!

buroguRIMG1082.jpg

大きな木製の鳥居をくぐると右手に神池があって、池に突き出るような感じで手水舎もあります。水は澄んでいて鯉が泳いでいるのが見えました。

神代文字の碑
buroguRIMG1095.jpg

近くには明治3年に建てられた「神代文字の碑」というのがあって、復古神道の遺物として重要なものらしく市指定重要文化財になっているそうです。なんだか、かの国の文字に似ていますねぇ。

buroguRIMG1096.jpg buroguRIMG1094.jpg
境内の参道を進んで行くと一段高くなった所に拝殿が、左手には神楽殿がありました。拝殿では、今回の旅が無事でありますようにと赤城山の神様にお願いを。

拝殿
buroguRIMG1087.jpg

神楽殿と境内の様子
buroguRIMG1092.jpg buroguRIMG1091.jpg
参拝後、拝殿の裏へ回ってみると、鬱蒼とした森の中に中門と本殿がありました。こちらは、県指定重要文化財になっているそうです。ちなみに、ここから500mほど下った参道に「惣門」という、やはり県指定の重要文化財があったみたいですが、もちろん見逃しましたzzz..。

本殿と中門
buroguRIMG1088.jpg

中門の正面には、県指定天然記念物の「たわら杉」というドデカイ3本の杉がそびえています。藤原秀郷(俵藤太)の献木で、それがが名前の由来だとか。存在感、あります。

たわら杉(3本のうち2本)
buroguRIMG1090.jpg

ここで、由緒書きと杉についての説明書きを下に載せておきます。由緒書き、光っちゃって読めないんですけど(汗)。

杉についての説明書き/由緒書き(一部読めませんっ)
buroguRIMG1085.jpg buroguRIMG1100.jpg
何故かポリタンクを持ち歩いている人が来るなと思っていたら、どうやら境内にある御神水を汲みに来ているようで、さっそくぼくも飲んでみることにしました。まろやかな感じで美味しかったです。

御神水と境内の様子(画像左側が御神水の場所)
buroguRIMG1093.jpg buroguRIMG1097.jpg
赤城神社って分社が300以上あるそうです。家に帰ってから少し掘り下げてみようとググってみたんですけど、調べれば調べるほど何だかややこしいんですよね。というのも、総本社を主張する赤城神社がここ以外に二社あって(大沼にある赤城神社と、前橋市二之宮町にある二宮赤城神社)今でも諸説あるみたいなんです。上手い具合に、山頂、中腹、里って感じにわかれているから3つで1つでいいじゃんって思うけど、そうもいかないんでしょう。

buroguRIMG1098.jpg

ということで、一夜漬けではたいしたこと書けないので、興味ある方はググってみて下さい(いつもそうだけれど)。

いい〜香り
buroguRIMG1102.jpg

帰り、駐車場まで歩いていると黄色くて可愛い花が咲いているのをみつけました。甘くていい香りがするので、下に落ちていた花を2つ拾って宿に持って行ったら、ほのかに部屋が甘〜い香りになりました。春はもうすぐ。

  アクセスは↓を参考にして下さい。大きな駐車場があります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。