So-net無料ブログ作成

檜原神社 [霊地巡礼/神社仏閣]

【檜原神社】大神神社摂社 2011年7月中旬参拝 

buroguP7161072.jpg

鎮座地:奈良県桜井市三輪
御祭神:天照大神若御魂神(あまてらすおおかみのわかみたまのかみ)
    伊弉諾尊(いざなぎのみこと) 伊弉册尊(いざなみのみこと)

狭井神社を後にし、次の目的地の檜原神社(ひばらじんじゃ)に向かいました。

山辺の道にて
buroguP7161061.jpg

buroguP7161064.jpg buroguP7161057.jpg
あぢぃ〜と何度もボヤキながら、山辺の道をだらだらと歩き、ぽつりと建つお店のかき氷の旗を横目に、貴船神社や玄賓庵を軽くスルーしながら歩くこと約20分。やっと檜原神社の境内に到着。思っていたより遠かった…。ちなみに、山辺の道を辿ると、境内の脇っちょに出ます。

境内入口の注連縄
buroguP7161077.jpg

意外なことに、参拝者はほとんど居なくて、ほぼ貸し切り状態。ここまで来る人はあまりいないのかなぁ。

境内の様子
buroguP7161074.jpg

きれいに掃き清められた玉砂利の上を歩くのは気がひけるなと思いつつ、さっそくお参りへ。

三ツ鳥居
buroguP7161068.jpg

ここには、拝殿も本殿もないので、大神神社にもあるという三ツ鳥居に向かって参拝します。いつの頃から、こんな形になったのかわかりませんが独特だと思います。

豊鍬入姫宮
buroguP7161066.jpg

すぐお隣には、豊鍬入姫宮(とよすきいりひめのみや)がありまして、こちらも参拝。わりかし新しいようで、説明書きによると昭和61年に創祀されたとのことです。くわしくは、下の画像をクリック願います。

クリックで拡大
buroguP7161067.jpg buroguP7161070.jpg
ここは、元伊勢と呼ばれる場所でして、皇女 豊鍬入姫命(斎王)が宮中から天照大神をこの地(=倭笠縫邑:やまとかさいぬいのむら)に祀ったのが始まりだそうです。ただし、倭笠縫邑の場所は諸説ある模様。

buroguP7161076.jpg

元伊勢といえば以前、京都の大江町に鎮座する同じく元伊勢の皇大神社(内宮・外宮)に行ったことがあります。神宮が今の伊勢に落ち着くまで、転々と色々な場所に祀ったんですねー。

二子山が見えるのだそう/桧原神社と豊鍬入姫宮の由緒書き
buroguP7161075.jpg buroguP7161073.jpg
お参りを終え、疲れ果てたぼくらは近くのお店で休憩をすることにしました。ワタクシは抹茶のかき氷を注文。嫁さんは…やはりビールでした!

buroguP7161081.jpg buroguP7161082.jpg
また元の道を戻るのはしんどいなと思い、お店の人に三輪駅に行く別ルートを教えてもらい、そのまま帰路へ。途中、何故か迷い込んだ田んぼのど真ん中から、綺麗な三輪山が見えました。なんとなく、ピラミッド状な感じ。

三輪山
buroguP7161084.jpg

で、大失敗だったのが大美和の杜(おおみわのもり)から大和平野を眺める予定をすっかり忘れてしまい、結局、久延彦神社(くえひこじんじゃ)も参拝せずに駅まで戻ってきてしまいました。きっと、綺麗な風景を見られただろうに残念です。ていうか、戻ればよかったんですけどね?
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

狭井神社 [霊地巡礼/神社仏閣]

【狭井神社】2011年7月中旬参拝

buroguP7161046.jpg

御祭神:大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)
 配祀:大物主神(おおものぬしのかみ)
    媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)
    勢夜多々良姫命(せやたたらひめのみこと)
    事代主神(ことしろぬしのかみ)

大神神社から、山辺の道を約300mほど歩くと狭井神社(さいじんじゃ)があります。大物主神の荒魂(あらみたま)を祀る古社で、古くから華鎮社(はなしづめのやしろ)と呼ばれ、故事から病気を鎮める神様として信仰されています。

鳥居
buroguP7161040.jpg

鳥居をくぐると、左手に鎮女池があり、市杵島神社が建っている。脇には三島由紀夫の記念碑が。
buroguP7161041.jpg buroguP7161042.jpg
さて、ここの神社には三輪山山頂に至る入口があります。三輪山は大神神社の御神体なので、基本、禁足地になっているのですが、定められた「入山者の心得」を尊守すれば誰でも登ることが出来るんです。で、禁足地と聞くと何だか行ってみたくなるので、疲労を覚悟で登ってみることにしました。^^;

手水舎
buroguP7161044.jpg

とりあえず、拝殿でお参りしてから受付へ行き、登拝したい旨を伝えると入山者の心得を説明されました。参拝道以外立ち入らない、飲食はしない、カメラで写真は撮らない等、いろいろと守るべきルールがたくさんあります。

拝殿
buroguP7161047.jpg

それらを承諾してから氏名を記入し、初穂料300円を納めて「参拝証」なるタスキを受け取り準備完了。ちなみに、暑かったので逆に水分はたくさん採って欲しいとのことでした。飲食禁止とはいえ、暑い日に水分採らないとぶっ倒れちゃいますもんね。

登拝入口
buroguP7161049.jpg

荷物やカメラは重いので、境内にあったコインロッカー(100円かかるけど返ってくるので無料)に詰め込んでいざ山頂へ。その前に、入口にあった祓串でお祓い。さーゆーさー(左→右→左)です。

参拝証と入山者の心得
buroguP7161048.jpg buroguP7161050.jpg
で、ここからは画像がないので文章のみですが、、、登拝用の杖を借りて、まずはなだらかな道を登っていきます。しかしながら、徐々に急坂になり・・汗だくになったところで休憩所が見えてきました。ここに三光の滝があります。そして、急坂が続き25分ほど経った頃に「中津磐座」という注連縄が張られた石がありました。

さらに急坂が続き、途中に点在する磐座と思われる石を見ながらヘトヘトになって登っていくと、高宮神社(こうのみやじんじゃ)が見えてきました。やったー山頂だ!(実は山頂ではない)。

で、山頂かと思っていたらまだ先があるらしく、平坦な道を歩くこと数分で「奥津磐座」が出現。大きな石がゴロゴロと転がっていました。これが古代の祭祀跡なんだ・・。正直、感動とかありませんでしたが、登りきった達成感はありましたね。。ちなみに、登る人たちは意外と若い人が多くて、中には裸足で登っている方もいました。その人にとっては意味があるんでしょうけど痛そう。。

ところで、この石たちは運ばれてきたものなのでしょうか。それとも、もともとあったものなのか。ここで何をしていたのか?何故、禁足地に?謎ですね。

そんなわけで、無事コケることもなく下山したのですが、登りで55分、下りで45分ほどかかりました。通常は往復2〜3時間とのことですから、ぼくらは少し早かったことになります。ただ、山頂での時間を入れるとトータルで2時間以上は山中にいたと思います。ちなみに、ここを登るのには時間制限があるので注意が必要です。受付時間はAM9:00〜PM2:00までのようです。くわしくは、大神神社のH.Pで確認して下さい。あと、気軽に行くと痛い目にあうかも?判断は自己責任でお願いしますね。

薬井戸
buroguP7161052.jpg

ここの神社には、薬井戸(くすりいど)と呼ばれる霊泉があります。コップが置かれていて飲めるようになっています。山登りの後に最高です。ただ、たくさん汲んで帰るのはマナー違反のようです。

クリックで拡大可
buroguP7161054.jpg

あと、ここの神社で好きなのは、屋根にある千木です。前回行った時に、その千木がキラキラ光ってたのが印象的だったんです。もう一度見たいと思っていたので、再訪してみて良かったです。次は、いつ行けるだろう。

千木
buroguP7161056.jpg

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。